登録者販売制度

医薬品は「医療用医薬品」と「一般用医薬品」に分類されます。

「医療用医薬品」は、医師・歯科医師が発行する処方箋によって患者様へお渡しされる薬のことです。
「一般用医薬品」は、処方箋を必要とせずに購入できる薬のことです。「OTC医薬品」とも呼ばれます。

さらに、一般用医薬品は副作用等のリスク区分により、3種類に分類されます。

第一類医薬品 保健衛生上のリスクが特に高い成分が配合された一般用医薬品
第二類医薬品 保健衛生上のリスクが比較的高い一般用医薬品
第三類医薬品 保健衛生上のリスクが比較的低い一般用医薬品

薬剤師は医療用医薬品・一般用医薬品、全てを取扱う事ができます。
登録販売者は、一般用医薬品のうち、第二類・第三類のみ取扱う事ができる資格です。
消費者の”セルフメディケーション”の意識が高まる中、患者様により充実したサービスを提供できる資格と言えるでしょう。

ファーマシー中山㈱では、医療事務の方には積極的に一般用医薬品の販売業務、管理業務に携わってもらい、登録販売者試験に多くの社員が挑戦、見事合格しています。
また、登録販売者試験合格者の方には会社からの支援で研修会等に参加し、継続的な知識習得、自己研鑽に励んでいます。

Copyright©Pharmacy Nakayama Co.,Ltd. このサイトに掲載している情報の無断転載を禁止します。